ブランクのある看護師の復職支援

看護師として職場で活躍していても、子どもができると職場を離れてしまうのが一般的です。子育てをしながら今まで通りに仕事ができるのかと悩んでしまう看護師も多いでしょう。ここで、仕事を続けるか否かの選択を迫られます。仕事を続けたい気持ちはある一方、自分の子供が生まれるとその子にできる限りの愛情を注ぎたいと思うようになる看護師も多いです。そのため、仕事を続けたいという気持ちがありつつも、職場を離れるという苦渋の決断をすることもあります。赤ちゃんの時期はとても手間がかかるものであり、保育所を完備している職場環境や家族のサポートがない限り、看護師の仕事との両立は難しいのが事実です。
しかし、子供が育って手間がかからなくなってくると、復職できる可能性が見出されてきます。一年や二年で復職するケースは多いですが、実際問題として現場で必要となるスキルを身体が覚えているかが心配な要素です。それを懸念して、復職に踏み切れずにいる看護師は多くいるようです。そういったこともあり、ブランクがある人のために復職を支援する研修が行われるようになっています。
復職支援には、行政が行うものと専門団体が実施するもの、病院が採用の際に行うものなどがあります。復職支援の内容は、運営主体によって実施される内容もさまざまです。スキルに不安がある看護師は、そういった支援を受けることによって安心して職場復帰を果たすことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です