看護師としてのスキルをアップさせるには

専門学校や大学を卒業して国家資格を受け、合格すれば看護師になることができます。看護師の仕事は、チームワークと看護スキルが重要です。病院勤務になると、看護師全体をまとめる役割として、主任や師長が存在します。新人看護師は、先輩看護師の指導のもとでノウハウを学んでいくことになります。その中でも、スキルアップを目指す看護師は余暇の時間を勉強に費やす人もいるようです。また、モチベーションが高くもっと勉強したいという看護師は、病院の教育制度を利用した院外研修に参加するのもよいでしょう。
医療の世界では、基礎的な病態生理や看護技術などの知識が必要です。しかし、それは少しずつ変化してきています。看護研究などが進み、これまで看護の世界で当然とされていた技術には根拠がないとされ、その技術自体が見直しされることもあるようです。また、看護の効果があるということから、新たに看護技術として使用されていくものもあります。他にも、個人情報やモンスターペイシェントの問題など、時代の流れと共に問題化される社会現象などもあります。常に変化している医療業界なので現状に満足せず、知識を修得してスキルアップを図りたいという看護師も少なくないのです。
知識を修得するにはそのような研修に参加する方法もありますが、身近なところでは医療ニュースに注目しておくことや医療系の雑誌を読むことなどもおすすめします。自分のライフスタイルに合わせた方法で、継続してスキルアップできる方法を探って行くことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です